インフレに勝つ不動産投資

絶対得する不動産の知識

サイト内検索

トップページ >> 不動産投資のインフレの乗り越え方|不動産投資と金融のお話

インフレに対応するために不動産投資を

日本では異次元の金融緩和が継続していますが、市場への資金供給が増加することで将来はインフレ経済になる予測があります。将来、インフレとなると不動産価格は上昇する可能性が高いため、現在は投資を行うには絶好の機会となっています。去年あたりから大都市圏のマンションなどは価格が上昇する傾向が強まっています。 今後も日銀による金融緩和政策は継続していくため、不動産市場には余剰マネーが流入していくことが期待されます。これまでのようなデフレ経済では、お金は預金として置いておくのが有利となっていました。しかし、インフレ経済となると預金をしていたのでは価値が下落していくことになります。そのため、一旦、インフレに転換してくると物価の上昇に連動するインフレ対応商品を購入する流れが出てきます。そのインフレ対応商品として、不動産投資が最も有利になることが期待されます。 かつて、日本の1990年前後までは不動産価格が急激に上昇し、価値が何倍にもなるところが多く出ました。そのような現象が日本の将来にやってくる可能性があります。日銀では2年で物価の上昇を2%にする目的で大規模な金融緩和を行っています。しかし、あまりに大規模な金融緩和というのは将来のインフレを招くのが常となっています。

Copyright © 絶対得する不動産の知識. All Rights Reserved.